ホテルの経営

ホテルも経営者によって業績が大きく格差が出来ているようですね。

大和証券SMBC、旭川グランドホテルを買収
大和証券SMBCは28日、投資子会社を通じ日本製紙が保有する旭川グランドホテル(北海道旭川市)の全株式を取得すると発表した。大和証券SMBCが出資、ホテルやリゾート施設を展開するグランビスタ ホテル&リゾート(旧三井観光開発)と連携し、事業価値を高める。買収価格は70億円程度とみられる。
 旭川グランドホテルは平成16年設立。米国の発明王トーマス・エジソンのひ孫がロビーなどをデザインした。旭山動物園など観光施設の拠点として集客力を強化する。
 グランビスタは札幌グランドホテル(札幌市)や鴨川シーワールド(千葉県鴨川市)、三井アーバンホテルなどを展開。日本製紙は株式売却に伴い、ホテル事業から撤退する。

鴨川シーワールド(かもがわしーわーるど)は千葉県鴨川市にある三井観光開発運営の水族館であり、ホテルを併設している。

日本で初めてシャチの飼育を手がけたことや、イルカ、アシカなどのショーのレベルの高さも日本有数の水族館である。海のダイナミズムをテーマにを様々な海の生き物を観賞できるほか、ダイナミックなショーは定評がある。

また、様々な生物の繁殖においても世界的な功績を残し、学術的にも存在価値の極めて高い水族館である。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。